栄誉、流れていく素晴らしい歳月
夢の始まり

一汽従業員の大胆な試みにより、中国初の国産自動車「東風」の試作が成功した。毛主席は中南海での試乗後、「我々自らが手がけた車に乗ったぞ!」と大喜び。

念願の奇跡

一汽従業員はゼロからスタートし、昼夜を問わず33日間奮闘し続け、研究に励んだ。技術的難問を一つ一つクリアし、ようやく第一号ブランド高級乗用車「紅旗」の試作に成功、自動車工業歴史における奇跡を作り出した。

世界に名を馳せる

ライプチッヒ国際博覧会で、紅旗CA72は「世界自動車年鑑」に名を連ね、世界クラスの名車となった。西洋の有名なデザイン家は、「東洋の芸術と自動車工業技術の融合の模範」と絶賛した。

来賓・友人へのおもてなし

紅旗CA770の3列シートの高級乗用車が誕生し、国家指導者の専用車、および国賓車となった。また、初めて紅旗乗用車のモデルチェンジが実現された。

堂々たる威風

紅旗CA770TJ閲兵用オープンカーは建国35周年のための特別車両として、鄧小平氏の建国35周年閲兵の乗用車に指定された。

勇ましい雄姿

「世紀を跨ぐ大閲兵」の建国50周年の際、江澤民氏は紅旗CA772TJオープンカーに乗車し、中国人民解放軍の海・陸・空三軍の閲兵を行った。

閲兵のライオン

紅旗CA7600Jは新世代の紅旗高級乗用車であり、そのデビューに、建国60周年の胡錦涛氏の閲兵オープンカーとして使用された。

初心を貫く

世界反ファシズム戦争勝利70周年の9.3大閲兵の際、最高級特製車紅旗L9は、指導者習近平氏の三軍への閲兵専属車両となった。

過去を引き継ぎ,将来を切り開く

紅旗L5は、上品なカスタマイズにより、あなただけの「特別な車」を作り上げる。紅旗は未来にむけて、確実に伝説を描き続けようとしている。